新横浜デリヘル Sweet Max

イベント情報

1

2

3

4

新着情報
18/12/10 22:03
女の子待機情報!

18/12/10 22:03
新着写メ日記

新横浜デリヘル Sweet Max PCカバー新横浜デリヘル Sweet Max PCカバー新横浜デリヘル Sweet Max PCカバー新横浜デリヘル Sweet Max PCカバー

女の子紹介

■新横浜プチ情報■
新横浜は、オフィスビルやホテルなどが林立していて、駅の前には環状2号線が通っていて、新横浜ラーメン博物館も新横浜にある。新横浜1丁目?新横浜3丁目には半導体関連、CAD、画像関係などのいわゆるIT企業が多数集結している。雑居ビルも多くてオフィスが多いので、テナントにはコンビニ、喫茶店、居酒屋、カラオケ屋がだいたい占めている。ほぼ基盤の目状に区画整理が行われていて、共同溝も掘られていて電線、電話線は見えず、整然とした街並みである。
新横浜駅北口にはバスターミナルとタクシープール、新横浜プリンスホテルの正面玄関には空港バス乗り場が設けられている。
新横浜駅北口を出てまっすぐ進むと鶴見川の支流の鳥山川があり、浜鳥橋、鳥山大橋、ワールドカップ大橋が架かっている。さらに山側には鶴見川の本流が流れており、新横浜大橋、亀甲橋が架かっている。鳥山川の土手には「新横浜駅前公園」があり、近所の住民の散歩コースになっている。近くを流れる鶴見川は昔から何度も氾濫している川なので、川寄りのビルの地下には貯水槽が設置されている。 鳥山川の対岸には、日産スタジアムがあってサッカーの試合などのイベントが開催されると、この辺りは人でごった返す。さらに2.5kmほど先には第三京浜港北ICがある。
新横浜駅北口の北東方向には、円柱状の高層ビル「新横浜プリンスホテル」が在り、そのホテルに直結している商業施設「プリンスペペ」は休日になると買い物客で賑っている。その斜め向かいには横浜アリーナがあり、イベントが行われる際には駅は人で溢れ、歩道は大混雑となる。
新横浜に初めて建った超高層ビルであるプリンスホテルは、新横浜のシンボル的存在である。
移設前のタクシープール直上に地上19階・地下4階建ての駅ビル(キュービックプラザ新横浜・ホテルアソシア新横浜)は2008年3月26日に開業し、駅ビルからバス乗り場・既設歩道橋へ繋がるペデストリアンデッキが同年11月26日に開通した。
新横浜駅から横浜市営地下鉄ブルーラインあざみ野駅方面の隣駅である北新横浜駅の東側一体が、開発中の新横浜長島地区である。「長島」の名は事業地であった新羽町の字から採っているが、現行地名は住居表示の実施に伴い北新横浜一?二丁目となっている。
市営地下鉄は、北新横浜駅から新羽駅の少し先まで高架区間になる。北新横浜一丁目には地下鉄の新羽車両基地がある。
横浜環状北線の新横浜出入口を建設中である。
新幹線の線路より南側の新横浜篠原線・新横浜南口線(道路)を軸とした、篠原町・大豆戸町の一部を指す。
北口とは対照的に、駅前には小規模なロータリーと雑居ビルが1棟あるだけである。駅前の通りを菊名方面へ行くと、港北七福神の1つ、大黒天が祀られている大黒天正覚院がある。篠原口から篠原消防出張所の脇を曲がると、篠原八幡神社があり、名木古木に指定されている木々が茂っている。
この地区の道路状況は極めて悪く、見通しの悪い道や狭い道が多々あるが、市と住民・地権者との対立が続いており、開発・土地区画整理は難航を極めていた。
2003年3月31日に本地区の事業計画「新横浜駅南部地区土地区画整理事業」が失効した。これにより本地区を通る予定であった、「都市計画道路新横浜篠原線」・「都市計画道路新横浜南口線」・「横浜市道新横浜元石川線」の延長・拡幅も白紙撤回となった。
2006年現在、市は上記の計画を再施行すべく、「新横浜駅南口駅前地区の話し合い」を地権者向けに開催している。開発の余地が多くある為、これから発展が見込まれる地区である。
もともと1959年に堤康次郎が、後に新横浜の地名が付けられる篠原地区周辺を地主から買い占め、東海道新幹線の建設が決まったことで旧国鉄に売却し、転売益を得たなど旧コクド・西武グループと繋がりのある地域の一つであった。その後、1980年代後半に横浜アリーナの出資母体として運営に関わり、プリンスホテル・プリンスペペを着工した。
新横浜駅周辺にテナントビル2棟(新横浜西武ビル・新横浜スクエアビル)をプリンスホテルと同時期に竣工している。
西武鉄道のリストラにより、テニスセンターは2005年5月に、ボウリングセンターは2006年3月に閉鎖となり、それぞれ野村不動産が跡地を買収した。2007年にボウリングセンター跡地にオフィスビルを着工し、2009年の竣工後に中央労働金庫へ売却され、「中央労働金庫 業務集中・新横浜センター」として、同金庫の新横浜支店とバックオフィス部門が入居している。
2010年4月に新横浜プリンスホテル一帯の不動産所有者が西武鉄道から西武プロパティーズへ移管された。

TOPGIRLSSCHEDULEREALTIMESYSTEMRESERVERECRUITMAGAZINEDIARY